† 瞳の趣味のブログ † 主に映画、ラルク、ライヴのことを書いています。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
クローズZEROⅡ
2009-10-05 Mon 00:46
クローズⅡストーリー 白ストーリーストーリー 白
不良の巣窟・鈴蘭男子高校には、未だかつて群雄割拠する不良たちを一つに束ねた者は存在しない…。OBのチンピラ・片桐拳(やべきょうすけ)らの協力を得て、“G・P・S”を旗揚げる怪物・芹沢多摩雄(山田孝之)率いる最大の勢力“芹沢軍団”を倒した転入生・滝谷源治(小栗旬)だが、残る最後の敵・林田恵との頂上決戦に挑み、敗北を喫してしまう。その数か月後、鈴蘭高校に“殺しの軍団”と恐れられている鳳仙学園から刺客が現れた。哀しき因縁を持つ両校だが、その因縁が新たなる抗争の火種と化し、固く守られていたはずの休戦協定がついに破られたのだ! 鳴海大我(金子ノブアキ)を中心に、一枚岩と化した鳳仙学園による侵攻が始まる。

感想ライン感想ライン感想ライン

かっけー!!まぢかっけーーー!!!!!!
やっぱこの映画の小栗、山田は最強にかっこいい!!
てか1では山田そんなに思わなかったけど、2ではすごいオーラ放ってます。
小栗も山田もいろんな役演じれてほんとすごい役者さんだなー。
映画的にも1より2の方がおもしろかったように思います。
出演者があんなにいるのに、一人ずつのキャラがちゃんとしてるのは
やっぱり監督のすごさなのかな?さすがは三池監督。

今回敵校の頭に抜擢された金子ノブアキってRIZEのドラマーなんですね!
知らなかったなー、それなりにハマってましたよ。
でもそれより気になったのが、綾野剛。
見た人はわかると思いますが、鳳仙の傘さしてる彼です。
しょっぱなから存在感ありまくり。
あのミステリアスな雰囲気は目にとめられずにはいられない。
どことなくBUMPの藤くんに似てる気がしました。
他の役やってる綾野くん見てみたいですね。
そして三浦春馬。
好きだけど、キレイだけど、まだまだこの役者の人達の中では
実力不足というか…もうちょっとがんばってほしかったな。
この次は三浦くんの代の話も撮ったりするんだろうか…。
う~~ん、それは正直どうなかな……。

脇役の桐谷くんや岸谷さん、やべきょうすけさんもいい演技してたなー。
それにしても黒木メイサは必要なのかな?
キレイどころも撮っておきたかったんだろうけど…。
ってか、これ映画館のおっきいスクリーンで見たかったな><
きっと映画館で見てたら鳥肌ものだ。








スポンサーサイト
別窓 | か行 | コメント:2
感染列島
2009-09-29 Tue 21:48
感染ストーリー 白ストーリーストーリー 白
2011年1月。救命救急医・松岡剛(妻夫木聡)のもとに一人の急患が運び込まれてきた。高熱、痙攣、吐血、全身感染とも言える多臓器不全……それは人類がいまだかつて遭遇したことのない感染症状であった。新種のインフルエンザか? あるいは別の新型ウィルスなのか? 医師達の必死の処置もむなしく、患者は死亡してしまう。感染拡大を防ぐため、WHOからウィルス感染症の専門家・メディカルオフィサー小林栄子(檀れい)が派遣されてきた。実は松岡と栄子は、かつての恋人同士であった。

感想ライン感想ライン感想ライン

ちょうどインフルエンザが話題になってた時期だから、
リアルに感じるかな?と思いつつ鑑賞。
前半はまだ緊迫感あってよかったけど、後半がそれどうなの!?て流れに。
良くも悪くも…て感じ。



別窓 | か行 | コメント:0
ガチ☆ボーイ
2009-02-09 Mon 19:11
gachiboy.jpgストーリー 白ストーリーストーリー 白
大学在学中に司法試験合格も夢ではないと言われる秀才、五十嵐は、学園祭で見た学生プロレスが忘れられず、プロレス研究会の門を叩く。「マリリン仮面」というリングネームをもらい、大切な事は何でもメモする真面目な五十嵐だったが、肝心の「段取り」を覚えられず、ガチンコの試合をしてしまう。しかし、それが客に大ウケ。五十嵐の人気でプロレス研究会は活気付く。しかし、五十嵐が段取りを覚えられないのには理由があった。

感想ライン感想ライン感想ライン

泣きました。
このパッケージからして、泣くっていうのとは程遠い感じがするんだけど、
最後は感動できます。
重いテーマを軽いタッチで描くギャップ感がいい。
これから観る人は、あまり予備知識を入れずに鑑賞した方がより一層いいかも!
それにしても佐藤隆太はいい役者さんですね。






別窓 | か行 | コメント:0
カンフー・パンダ
2009-02-04 Wed 17:54
D112626238.jpgストーリー 白ストーリーストーリー 白
中国で最も美しい安住の地“平和の谷”が、極悪カンフー・ウォリアー、タイ・ランに襲撃された。彼に対抗できるのは、カメ賢人のオーグウェイに選ばれた勇者のみ。選抜大会で見事な武術を披露するマスター・モンキー、マスター・カマキリ、マスター・タイガレスら、カンフーの達人たちを差し置いて選ばれたのは、ずんぐりむっくりで、ぐうたらなパンダのポーだった!見るからに頼りにならないパンダが、最強のカンフー・マスターを目指して奮闘し、観る者に自分の力を信じることの大切さを教えてくれるアクション・アドベンチャー。

感想ライン感想ライン感想ライン

アニメなので、ストーリーは王道です。が、そこが期待を裏切らない感じでいいです。
たまにブラックジョークもあったりで、くすりと笑えます。
気楽に観るにはいいと思いますよ~。




別窓 | か行 | コメント:0
クローバーフィールド/HAKAISHA
2008-09-14 Sun 23:19
クローバーフィールドストーリー 白ストーリーストーリー 白
「LOST」『M:i:III』のJ.J.エイブラムスがおくる、SFパニックムービー。
ニューヨークのとある高級アパート。東京への転属が決まったロブのためにサプライズ・パーティが開かれている。そんな中、突然、とてつもない爆音が響き渡る。表を見ると、外では大爆発が起きている。そこに何かが飛んでくる…近くのビルに激突し、地面に落下したのは自由の女神の頭だった…。―コードネーム“Cloverfield”と呼ばれるビデオ映像。かつてセントラル・パークと呼ばれた場所で見つかったものである。

感想ライン感想ライン感想ライン感想ライン

まず映像なんですが、ハンディ・カメラ撮影です。
ドキュメンタリーを思わせるリアルな映像と、
まるで自分が登場人物の一人になったかのような臨場感っていうのに、
最初は興味惹かれて観ました。
見終わった後の感想は、期待してたほどハラハラ、ドキドキじゃないなぁ…と。
けどおもしろくなかったかって言われると、そこまで退屈でもなかったし…。

この映画、ネットですごく話題になっていたらしいですけど、
その情報を調べずに観たんですよ。
で、観終わって調べてみると、へぇ~、そういう意味が含まれてたんだ!って感じで。
ラストシーンもなんでそれで終わり!?と思ったら、
ある物が映ってるんですね!気付かなかったなー。

劇中ロブが勤めていた日系会社「タグルアト」(もちろん架空)のサイトがあったり、
YouTubeで海上のある石油掘削現場で起こった事件を伝えるニュース映像があったり、
映画以外のところでもがんばっていて、ちょっと興味そそられました。

クローバーフィールドというタイトルさえ明かされていなかった以前に、
謎のプロジェクトという名目で公開されていたのがwww.1-18-08.com
“1-18-08”は米国での映画公開日2008年1月18日にちなんでいるみたいです。
ストーリーに関連すると思われる複数のスナップ写真のみが置かれているサイトなのですが、劇中にも登場しない画があり、これまた気になりますねー。
こういうアプローチの仕方はうまいな!と思いましたね。
続編あるみたいですが、謎が明かされるんでしょうかね~?




別窓 | か行 | コメント:2
紀元前一万年
2008-09-14 Sun 22:57
kigenzen.jpgストーリー 白ストーリーストーリー 白
時は紀元前1万年。人も動物も自然のままに生き、マンモスが大地を闊歩する時代。サーベルタイガーや獰猛な肉食動物と果敢に闘い、広大な砂漠で青年は旅を続けていた。邪悪な支配者に捕われの身となっている愛する人を救うために…。



感想ライン感想ライン感想ライン感想ライン

一言で言うと「映像を楽しむ映画」です。
なのでストーリー重視の人は見ないほうがいいです。
CG確かにすごいけれど、すごければいいのかって言うと、……なわけで、
う~ん、良くも悪くもない映画。



別窓 | か行 | コメント:0
崖の上のポニョ
2008-08-13 Wed 23:53
崖の上のポニョストーリー 白ストーリーストーリー 白
海辺の町で暮らす5歳の少年・宗介は、クラゲに乗って家出した魚の子ども・ポニョに出会う。すぐに仲良くなる彼らだったが、ポニョはかつて人間だった父・フジモトによって海に連れ戻されてしまう。ポニョは父の魔法を盗んで再び宗介のもとを目指すが……。

感想ライン感想ライン感想ライン

ジブリ映画は好きなんだけどこれが発表になった時、正直どうなん!?て思ってた。
でも友達何人かが、高評価だったんで見に行ってみることに。
や~、癒された~~~(*´∀`)
めっちゃほのぼのしています。
大人が小さい子供を見て「かわいいね~」って微笑ましくなる雰囲気の映画です。
絵もCGを使ってないせいか、全体的に暖かい雰囲気。
昔のジブリ作品好きな人は、きっと楽しめると思います!
逆にもののけ姫以降の壮大な感じの、ジブリ作品が好きな人には物足りないかも…。
あとストーリー自体は不可解な部分もあります(笑)
がハウルみたいな「よくわからん……」て感じではないです。
ま、そこは宮崎ワールドってことで(笑)
もちろん帰りは「ぽ~にょ、ぽにょぽにょ、さかなのこ~」と歌って帰りました





別窓 | か行 | コメント:4
| milky way | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。