† 瞳の趣味のブログ † 主に映画、ラルク、ライヴのことを書いています。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
ライヴ三昧
2008-04-29 Tue 01:23
昨日はライヴ三昧の一日でした。
と言っても一つはお笑いライヴですけどw
「THE PLAN9」の春公演「室内の人々」をワッハ上方ホールで見てきました。
プラン9のお笑いライヴは漫才やコントをやる感じじゃなく、
小劇団のお芝居を見ている感じ。
なので彼らのお笑いライヴは「本公演」と呼ばれています。
今回はメンバーが一人抜けて、4人になって初の本公演。
やっぱり少し物足りない感じが否めなかったかな。
脚本も今回は、ヤナギブソンと久馬さんの二人が書いた二部作。
その二つの話が繋がっているという構成。
陽と陰の感じで対照的でしたが、おもしろかったです。

その後、すぐに大阪城ホールに移動。
FM802主催「REQUESTAGE6」ライヴ
ASIAN KUNG-FU GENERATION/木村カエラ/SEAMO/MONKEY MAJIK/山崎まさよし/YUI
という豪華メンバー!
まずはOPENING ACTとして、清水翔太が
・HOME
・アイシテル(新曲)
を歌いました。
清水君って確か19歳で、ライヴもほとんど経験した事ないはずなのに、めっちゃ堂々としてましたよ。
あれだけの広さと観客がいたら普通緊張して、それが伝わってきたりするのに。
彼はもしかすると大物になるかもしれませんね。

そしてトップバッターはなんとYUI!
1.My Generation
2.CHE.R.RY
3.Namidairo
4.RUIDO
5.Rolling Star
6.Laugh away
YUIは期待を裏切らないかわいさと歌でした☆
いや、ライヴを見るまでは、生歌はもうちょっとブレるんじゃないかと思ったりしてたんだけど、
そこはストリートライヴで鍛えた成果(?)か、CDのまんまって印象です。

二組目は山崎まさよし
1.ドミノ
2.真夜中のBoon Boon
3.One more time,one more chance
4.晴男
5.いかれたBABY
まさやんは個人的に何回かライヴ行ってるんですが、この若いメンバーの中で浮くんじゃないか!?
お客さんはどうなんやろう!?と思ったら、一番ってぐらいすごい歓声でした!
歌はやっぱりさすがだし、トークもおもしろくて、完全に会場を自分のものにしてましたね。
やっぱりすごいな、まさやん。

3組目は木村カエラ
1.STARs
2.MAGIC MUSIC
3.Samantha
4.Yellow
5.1115
6.リルラ リルハ
カエラはもう顔ちっちゃくって、細くて、イギリスの少年みたい(もちろん褒め言葉)
曲もノリのいい曲ばっかりでライヴ向けでした!
本人もあのパワフルなイメージそのまま☆

4組目はMONKEY MAJIK
1.Around The World
2.雪合戦
3.fly
4.あいたくて
5.空はまるで
6.Together(新曲)
日本語べらべらなのがおもしろくてw
MCで「お兄ちゃ~ん」「おとうと~」のやりあいはおもしろかったです。
曲ももちろん良かったですよ。

ASIAN KUNG-FU GENERATION
1.アフターダーク
2.転がる岩、君に朝が降る
3.君と言う花
4.リライト
5.新しい世界
待ってました!!あたしの大本命!!
デビュー当時好きで一度はライヴに行ってみたいと思ってた、アジカン。
始まると一気にテンション上がって・↑跳ぶ、跳ぶ(笑)
体が勝手に動いてましたね。
やっぱりワンマンライヴに行ってみたくなりました!
よし!いつか絶対行くぞ!!
今回唯一MCがなかったアジカン。
でも「ゴッチー」の声援には「ありがとう」て言ってました!

ラスト

SEAMO
1.SEAMO GoGoGo
2.ラップの花道
3.天狗祭りのテーマ
DJパフォーマンス
4.マタアイマショウ
5.MOTHER(新曲)
6.ルパン・ザ・ファイヤー
本人も言ってたけどトリがSEAMOとは意外です(失礼w)
SEAMOの格好がブリーフに天狗のお面つけて、らっきー池田(懐かしいw)みたいでした!
SEAMOって昔はシーモーネータって名前だったんです。
下ネタばっかり言うかららしいんですけど。
まだSEAMOが売れてない頃に、BENNIE Kのライヴのゲストで来て言ってました。
ルパン・ザ・ファイヤーはやっぱり盛り上がりましたね。

ライヴ好きのあたしには、なんとも充実した一日!
楽しかったですGOOD





スポンサーサイト
別窓 | ライヴ | コメント:4
恋空
2008-04-29 Tue 00:33
恋空ストーリー 白ストーリーストーリー 白
平凡な女子高生の美嘉(新垣結衣)は同じ高校に通うヒロ(三浦春馬)と運命的に出会い、瞬く間に恋に落ちるが、ヒロの元カノからの嫌がらせや妊娠など想像を絶する悲劇に見舞われてしまう。そのうえ、ヒロから一方的に別れを告げられた美嘉は心に大きな傷を負うが、ヒロと正反対の穏やかな優(小出恵介)と出会い、心癒されていく。

感想ライン感想ライン感想ライン感想ライン

完全にナメてました。
あの「セカチュー」で泣けなかったあたしは、また同じような感じなんやろ~、
むしろセカチューよりも幼い感じなんちゃうの!?と。
けど見たらかなり泣けました涙
もちろんあたしが「セカチュー」で泣けなかったように、恋空がダメって人も多いと思います。
なのであまり期待しない感じで見て下さい。
ガッキー、三浦君、小出の三人はすごく良かったと思います!

続きはネタバレなので読みたい人だけどうぞ。




恋空の続きを読む
別窓 | か行 | コメント:0
ルイスと未来泥棒
2008-04-29 Tue 00:05
ルイスストーリー 白ストーリーストーリー 白
発明家を夢見る天才少年ルイスは幼いころに母と生き別れ、養護施設で育つ。彼は一目母親に会いたいという一心で、忘れてしまった記憶を呼び戻すマシーンの開発に熱中し、見事成功。科学フェアでの発表の当日、彼の前に未来からやって来たという少年ウィルバーが現れ…。


感想ライン感想ライン感想ライン感想ライン

ベタな感じの展開である意味、期待を裏切らないというか。
疑問が残る部分もあるけれど、そこはディズニー映画っていうことで´ω`
未来の雰囲気とかはカラフルでかわいかったですよ!

別窓 | や行 | コメント:0
アイ・アム・レジェンド
2008-04-28 Mon 23:54
アイアムレジェンドストーリー 白ストーリーストーリー 白
2012年、人類が死滅してしまった地球でたった1人、有能な科学者のロバート・ネビルだけが生き残る。彼は究極の孤独と闘いながら、愛犬サムとともにほかの生存者の存在を信じて無線で交信を続ける。太陽の光が消え去ると、いっせいにうごめき出す不気味な影、“ダーク・シーカーズ”の脅威と闘いながら、途切れそうになる希望をたぐり続ける日々。
そんなある日、ネビルは、ある驚くべき事実に気づく。

感想ライン感想ライン感想ライン感想ライン

なんだ、このB級ホラー映画ヴぁー
いや~、ないわぁ。
途中までは、まぁ良かったよ、人類最後の生き残りでどうなるの?って感じで。
ゾンビが出てきた辺りから…汗
ゾンビの動きはちょっと笑えるし。
こんな感じの映画だとは思ってなかったな。

別窓 | あ行 | コメント:0
パフェおやじ
2008-04-28 Mon 22:50
パフェおやじ「THE3名様」スピンオフ作品。
世の中「枯れ専」なんて言って、枯れてるオヤジブームみたいだけど、このパフェおやじは、なんともかわいい(笑)
世の女の、母性本能をくすぐるんじゃないでしょうか。
と言っても、あたし普段はオヤジに興味ないですよ(笑)

最後にレジで残す名言もシュールでかなりいい感じです!


別窓 | は行 | コメント:2
パンズ・ラビリンス
2008-04-28 Mon 22:36
パンズストーリー 白ストーリーストーリー 白
1944年のスペイン内戦で父を亡くし、独裁主義の恐ろしい大尉と再婚してしまった母と暮らすオフェリア(イバナ・バケロ)は、この恐ろしい義父から逃れたいと願うばかり自分の中に新しい世界を創り出す。オフェリアが屋敷の近くに不思議な迷宮を見つけ出して足を踏み入れると、迷宮の守護神が現われ彼女に危険な試練を与える。


感想ライン感想ライン感想ライン感想ライン

この映画、何と言ったらいいんだろう。
あえて言うなら「大人のダークファンタジー」てところかな。
パッケージからは想像出来ないような、
ものすごくヘヴィーなスペイン軍事抑圧の描写のウェイトが高い作品。
その暴力描写がなかなかキツイ。
ファンタージ&バイオレンスという相反する世界観で、より一層戦争の残酷さが浮き彫りになってました。
独自の世界観による映像はとても素晴らしく、オリジナリティのある映画だと思います。
悲しいお話だけど、この映画、好きです。

続きはネタバレなので読みたい人だけ見て下さい。
パンズ・ラビリンスの続きを読む
別窓 | は行 | コメント:0
クローズ ZERO
2008-04-28 Mon 21:29
クローズストーリー 白ストーリーストーリー 白
不良学生が集まる鈴蘭男子高等学校。不良たちの派閥が乱立する中で、ひときわ勢いがあるのは、芹沢多摩雄(山田孝之)率いる最大派閥だった。そんな中、3年で編入してきたのは、滝谷源治(小栗旬)。彼も、この学校のてっぺんを狙う一人だった。彼は、学園制覇のために、鈴蘭OBのチンピラ、片桐拳(やべきょうすけ)に教えを請うことになる・・・。


感想ライン感想ライン感想ライン感想ライン

この映画を見て小栗旬を「かっこいい」と思わない人はいないんじゃないか!?
てぐらい小栗は良かったです。
今まで小栗をかっこいいと思ったことなくて、「役者としてはいいけど、何で皆そんなに騒ぐんだ?」て思ってた自分に反省(笑) 友達がこの映画を見て「小栗の平っぺたさがいい」て書いてたのがすごくわかる!!横から見たアングルがたまらんね!(笑)
で、肝心のストーリーは、これもほとんどケンカばっかり。
でもワルボロよりは退屈せずに見れたかな。




別窓 | か行 | コメント:6
ワルボロ
2008-04-28 Mon 21:17
ワルボロストーリー 白ストーリーストーリー 白
中学3年生のコーちゃん(松田翔太)は、ある日授業中に幼なじみでヤンキーのヤッコ(福士誠治)の挑発に乗り、キレて大暴れする。その日から彼は優等生であることをやめ、ヤッコを先頭に他校との抗争に飛び込んで行く。コーちゃんが密かに思いを寄せる同級生の山田(新垣結衣)は、そんな彼を冷めた目で見ていた。

感想ライン感想ライン感想ライン感想ライン

ヤンキー映画だからケンカのシーンが多いのは仕方ないけど、
あまりにもそればっかりで、途中で退屈しました。
一応ガッキーとの恋愛話も少しだけあるんだけど、そこはあまりに浅すぎて全然印象に残らない。
あと松田翔太が中学生っていう設定はあまりに無理があるかと…。

別窓 | や行 | コメント:0
ベオウルフ 呪われし勇者
2008-04-28 Mon 21:09
ベオウルフストーリー 白ストーリーストーリー 白
6世紀のデンマーク。フローズガール王が盛大な宴を催す中に、醜く巨大な怪物グレンデルが姿を現した。人々を虐殺したグレンデルに対し、王は褒賞を用意して討伐隊を募集。これに応じた戦士ベオウルフは、見事グレンデル撃退に成功する。戦勝を祝い再び華やかに繰り広げられる宴。しかし翌朝ベオウルフが目にしたのは、皆殺しにされた兵士たちの姿だった。彼はその犯人と思しきグレンデルの母親の元へと向かうが……。

感想ライン感想ライン感想ライン感想ライン

CG画像のせいか、ゲームの画面を見てるような映像。
新しい事に取り組んだんだろうけど、見てて作品に入り込めなかったな~。
「300」に似てる雰囲気もあるんだけど、まだ300の方がおもしろかった。

別窓 | は行 | コメント:0
シュガー&スパイス 風味絶佳
2008-04-28 Mon 21:00
シュガーストーリー 白ストーリーストーリー 白
米軍基地が隣接する東京・福生市。平凡な毎日を送る志郎(柳楽優弥)は、高校卒業後は大学へは行かず、“とりあえず”ガソリンスタンドで働いていた。そんなある日、ガソリンスタンドに新しいバイトとして乃里子(沢尻エリカ)が入ってきた。彼女にかつて感じたことのない感情を抱く志郎だったが…


感想ライン感想ライン感想ライン感想ライン

これも先日テレビでやってるのを見ました。
何てことはないラブストーリー。
良くも悪くも…て感じで。
映画ってゆうよりは、ドラマスペシャル見てる感じかな~。
柳楽君は素に近い演技なのかな?
今後の成長に期待ですね☆
沢尻は自分が自信を持ってるほど、演技が上手いわけじゃないと思うけど、
「華」はありますね。
顔はやっぱりかわいいし。
女優として今後成長してほしいです。

作中のoasisの歌は良かったです!
そしてグランマこと夏木マリ。
やっぱりすごい女優さんだなー。


別窓 | さ行 | コメント:2
新聞
2008-04-17 Thu 13:37
朝何気なく新聞開いたら

どどーんと


新聞



二面使って広告載ってたkao03


おかげで朝から機嫌がいいハートP


しかしあちこちで大々的に広告しなきゃドーム完売は厳しいんやろうな汗もうピークは過ぎてるわけやし。ファンと言えどもこの辺は冷静に捉えないとね。でも何よりこのチケ代(9000円)じゃ一般のお客さんは来る気なくすんちゃうかな苦笑い
別窓 | ラルク | コメント:4 | トラックバック:0
早速ですが
2008-04-15 Tue 21:13
やっと(!?)ブログを二つに分けれた~^o^
もう一つのブログで延々とラルクのこと喋ったり、映画ネタばっかり更新するのも気がひけてたんです汗わりと皆さんブログ二つ持ってたりするんで、あたしもやってみよう!と便乗しちゃいました
もうこっちでは思う存分ラルヲタ出していきます!!(え!?)
あまりの壊れっぷりに皆がひこうが気にせず突っ走っていきます!!(オイ!)
そしてもちろん映画ネタもどんどん書くつもりです!
最近見た映画はもちろん、昔に見たお気に入り映画のことなんかも。
あっ。でも映画感想はあくまであたしの主観なんで、軽く読み流してください’ω’

では早速ラルクネタをいかさせていただきますハートP
まずはやっぱり、この間発売した「またハートの火をつけろ in OKINAWA」DVDでしょうkao03
もうあたし的にかなり良くて「うきゃぁ!!」て一人大興奮でした(笑)
まずは一枚目のツアー最終日沖縄の様子、全体的にこのツアー、hydeの声がよかったんで、収録の沖縄はどうなの!?次の日出演したMステは声枯れしてたけど大丈夫なん!?てちょっと心配でしたが、全然大丈夫でしたねGOOD
そして、リアルタイムでツアーやってた頃、沖縄のhydeの衣装が「ヒョウ柄のモンペ」にしか見えないと話題になっており、DVD見るまではすっかり忘れてたけど、見て「これかーっ!!」と思い出しましたよ(笑)
言われてみれば、モンペに見えなくもない…。ビミョーに膨らんでるからかな!?ま、hydeのファッションは前から首ひねることあったんで…(ボソ)

さて気を取り直して本題ですが、今回のカメラワークというか、演出好きですねー
hydeが飛んでいるところとかスローモーションになって、躍動感を強調しててかっこいい!!でもカメラマンさん、ビキニのお姉さん写しすぎだっつぅの。
プリガの時ならわかるけど、他もがんがん写しちゃって。ただのエロ親父アングルになってるよー苦笑い

最後の4人手つなぎ&お辞儀はもう言うことないですねうおぉぉおぅ
あんなのラルクでやったの初めて。ですよね!?メンバーが仲良さそうにしてるとこっちも嬉しくなって安心できるkao01

そして2枚目の「全国津々浦々おまけ名場面集」これには見たかったシーンが満載kao03
MC中のお客さんの声がバラエティ番組みたいに文字化してたのにはビックリでしたけど!

わんこそばを食べてエプロン付けたまま演奏するkenちゃん、kenちゃんらしいよ~^o^
で、それ見ながら顔を覆って笑うhydeがまたかわいい!!(笑)

お遊びで演奏した、幻の「いばらの涙」きたーっ!!と思ったら途中から早送り…。
あれはすごく残念ーうおぉぉおぅ

長良川でhydeがhydeコスに成りすまして、正面入り口から入る様子、楽屋からの完全密着!!スタッフもhydeも緊張しながらすごい楽しんでたねkao03あの場面に写ってるお客さん、悔しいだろうなぁ。まさか本人が正面から入ると思わないよね!?「めっちゃ似てるー!」ぐらいにしかね。無事入り口に入ったhydeの安堵の顔がオフショットな感じでかなりいいッス!

沖縄1日目の「さよなら」もワンコーラスだけ入っていましたね。あたしこれは入れないんだろうなと思ってたんですが。このライヴの日、デビュー時代からお世話になっていた音楽記者さんが亡くなられ、追悼の意を込めて歌った「さよなら」。hydeが号泣する前に収録は終わっていました。きっと素敵な方だったんでしょう。

そして富士急ライヴの前夜のhyde&kenちゃんが行った、
富士急ハイランドの有名なお化け屋敷の様子!めっちゃウケた~^o^
怖さを紛らわすためにkenちゃんが「おならプ~、おならプ~」て言いながら歩き(子供かw)hydeはホラー好きって言ってるわりには、いちいちビビッてて後姿は完全に女の人(笑)
でも怖がるのを楽しんで、怖いけど嬉しそーーに笑ってたkao03

で、一番ツボだったのが、体調が優れず座り込んでるkenちゃんにhydeが
「あんま無理しなやぁ」
の一言 うわぁ!めっちゃ優しさこもってるやんっ!!
あのほんわり関西弁たまらんっ!!!!

今回のDVD久々ヒットでしたね!
何回もリピして見れそうkao03そういえば富士急の様子入ってないんで別にDVD出すのかな?

テレビもここ最近出演してましたね~、hydeちょっと髪切ったみたいで。
前までの秀樹(西城)ヘアは好きじゃなかったんで、切ってくれて良かったよ!
ちなみに秀樹ヘアっていうのはhydeが言ってたんですよ。

あとDAIGOのブログに誕生日メールがhydeから一番に届いたって書いてました。
ライヴにDAIGOが見に来てるのは噂で聞いてたけど、そんなに仲良かったんだ!
一体どんな会話してるんだ!?
たしかにぃ。
別窓 | ラルク | コメント:4 | トラックバック:0
妖怪大戦争
2008-04-15 Tue 00:56
妖怪大戦争ストーリー 白ストーリーストーリー 白
10歳のタダシ(神木隆之介)は、両親の離婚により、東京から、母の故郷である鳥取に移ってきたが、そこでの生活には、なかなか馴染むことが出来なかった。そんなある日、お祭りで、麒麟送子に選ばれたタダシは大天狗山に行って、伝説の聖剣を取りに行かなければならなくなった・・・。



感想ライン感想ライン感想ライン感想ライン


先日テレビでやっていたので鑑賞。
これは最初からおこちゃま映画的な感じで観てたので、わりと楽しめました。
キャストも豪華だし。
でもやっぱり阿部サダヲの存在感はすごいねー。
テンション高い河童役、好きだな~(笑)
別窓 | や行 | コメント:0 | トラックバック:0
パーフェクトストレンジャー
2008-04-15 Tue 00:54
パーフェクトストレンジャーストーリー 白ストーリーストーリー 白
新聞記者のロウィーナ(ハル・ベリー)は、幼なじみのグレース(ニッキー・エイコックス)が殺された事件を調べることになる。ロウィーナは、グレースが広告代理店のCEOにして大富豪のハリソン・ヒル(ブルース・ウィリス)と不倫の関係に陥り、そのネタで彼を脅迫しようとしていることを、グレース本人から聞かされていた。



感想ライン感想ライン感想ライン感想ライン

「ラスト7分11秒、あなたは絶対騙される」
これ、この映画のキャッチコピーです。
ここまで言われると期待して、身構えて観ちゃいますよね?
結果は
期待はずれでした苦笑い

あまりハードル高くしないで見ると、わりと楽しめるかもしれません。
ラストたいした事ないんだ~。ぐらいで見て下さい(笑)
別窓 | は行 | コメント:2 | トラックバック:0
UDON
2008-04-15 Tue 00:36
UDON.jpgストーリー 白ストーリーストーリー 白
うどん屋の息子として育った香介は、夢を求めて単身ニューヨークに渡ったが、借金を抱えて帰郷。父とのギクシャクした空気を案じた姉の提案で母親の墓参りに出かけた香介は“うどん”と運命的な出会いを果たす。




感想ライン感想ライン感想ライン感想ライン

一度DVDで観たのに、先日テレビで放送されてたんで二回目見ました。
これ見たらやっぱりうどんが食べたくなる~!
しかも香川まで行きたくなるっ!!
それも町外れの製麺所さんに。
そして何軒もはしごしたい。

映画としても十分おもしろいです。
わりと飽きることなく観れると思いますよ。
別窓 | あ行 | コメント:4 | トラックバック:0
バイオハザードⅢ
2008-04-15 Tue 00:30
バイオハザード3ストーリー 白ストーリーストーリー 白
前作のラストから3年。地球上がTウィルスに感染し、砂漠化したラスベガスが舞台。アリスと生き残りの一団はアンデッドから逃れ安息の地アラスカを目指すが、その裏では恐るべきアンブレラ社の「アリス計画」が始動していた。次々と襲いかかる敵に対し驚異的なパワーで立ち向かうヒロイン“アリス”の正体とは? そしてアリスの前に現れたクローンアリスは敵なのか味方なのか?


感想ライン感想ライン感想ライン感想ライン

ミラジョボヴィッチはかっこいいですね~。
でもバイオ2からなぜか笑って観てしまうんです…。
2でビルを駆け下りるシーンがあって、どうもコミカルに観えてしまう><;
今回も何箇所か笑ってしまいました汗
でもカラスのシーンはちょっとリアルで怖かったですヴぁー
こういう映画で鳥が襲撃してくる場面何回か見てから、
集団で鳥が来るとちょっと怖いですねヴぁー
別窓 | は行 | コメント:0 | トラックバック:0
SAW4
2008-04-15 Tue 00:22
SAW4ストーリー 白ストーリーストーリー 白
ジグソウ(トビン・ベル)と弟子のアマンダが死に、ホフマン刑事(コスタス・マンディロア)はジグソウ最後のゲーム現場でパズルを解こうと必死になっていた。そのころ、ジグソウにかかわり唯一生き残ったSWATのリグス指揮官(リリク・ベント)が、新たなゲームに強制参加させられ、90分以内にわなをクリアしなければ旧友の命はないと告げられる。


感想ライン感想ライン感想ライン感想ライン

SAWシリーズ第4作目。シリーズ物なんである程度は仕方ないんだろうけど、
これは本当に前作までを復習しないと話についていけません汗
前作までは脇役程度だった人が今回ではわりと前に出てきたり…!
すっかり忘れ気味だったあたしは置いてきぼり感くらっちゃいましたヴぁー
SAWと言えばグロい映像で有名ですが、グロさは前作の方がすごかったです。
今回は冒頭さえ乗り越えれば比較的大丈夫かな。と。
でももちろん血とかそうゆうのは苦手~!!って人は観れないと思いますが…。

SAWはやっぱり1作目がおもしろかったですねー。
あれは衝撃的でした。
今ほどグロくなくサスペンスが強くて、犯人がわかった時はほんと衝撃!!
そうきたかーっ!!
て感じで。懐かしい…。

このシリーズいつまで続くんだろう。
ここまできたらシリーズ終わるまで観てしまうのかなぁ。
う~ん、それならいっそ早く終わってほしい苦笑い
別窓 | さ行 | コメント:0 | トラックバック:0
ホテル・ルワンダ
2008-04-15 Tue 00:10
ホテルルワンダストーリー 白ストーリーストーリー 白
1994年、アフリカのルワンダで長年続いていた民族間の諍いが大虐殺に発展し、100日で100万もの罪なき人々が惨殺された。アメリカ、ヨーロッパ、そして国連までもが「第三世界の出来事」としてこの悲劇を黙殺する中、ひとりの男性の良心と勇気が、殺されゆく運命にあった1200人の命を救う。「アフリカのシンドラー」と呼ばれたこの男性は、ルワンダの高級ホテルに勤めていたポール・ルセサバギナ。命を狙われていたツチ族の妻をもつ彼の当初の目的は、なんとか家族だけでも救うことだった。しかし、彼を頼りに集まってきた人々、そして親を殺されて孤児になった子供たちを見ているうちにポールの中で何かが変わる。「この人たちに背を向けて、その思いを一生ひきずって生きていくことはできない」と立ち上がった彼は、たったひとりで虐殺者たちに立ち向かうことを決意。行き場所のない人々をホテルにかくまい、ホテルマンとして培った話術と機転だけを頼りに、虐殺者たちを懐柔し、翻弄し、そして時には脅しながら、1200人もの命を守り抜いた。

感想ライン感想ライン感想ライン感想ライン

14年前にアフリカ、ルワンダで大量虐殺事件があったのを知っていますか?
あたしはこの映画を観るまで知りませんでした。
いや、ニュースで見ていても忘れていたんでしょう。
劇中セリフで
「世界の人はあの映像を見て『怖いね』と言うだけでディナーを続ける。誰も助けには来ない。」
とあったんですが、まさに自分の事を言われているようで恥ずかしかったです。
エンディングの曲がまた心に沁みます。
一人でも多くの人にこの映画を通じて、この事件のこと知ってもらい、
世の中から戦争という過ちをなくしてほしいです。
別窓 | は行 | コメント:0 | トラックバック:0
L change the World
2008-04-14 Mon 23:54
Lストーリー 白ストーリーストーリー 白
キラ事件解決の代償として唯一無二のパートナー、ワタリを失い、自らもデスノートによる究極の選択をしたLの下に、突如消滅したタイの村でただ1人生き残った幼い少年がワタリへのメッセージを携えて送られてくる。そしてもう1人、亡き父親からあるものを託された少女・真希が追っ手から逃れるように飛び込んでくる。新たな《死神》の出現を察知したLは2人の子どもを守りながら人生最後の難事件に挑むのだった。

感想ライン感想ライン感想ライン感想ライン

「DEATH NOTE」Lのスピンオフ作品。
正直ちょっと微妙だったかな。テレビで放送されて暇なら見ようっかな~。
ぐらいがちょうどいいと思います。
DEATH NOTEとは関係ないストーリーで話は進んでいくんですが、
Lの魅力だけを見るにしても物足りないし、
DEATH NOTEのようにストーリーがしっかりしてるわけでもなく…。
そして原作ファンなら、あの少年の正体にがっかり…(ノД`)

別窓 | あ行 | コメント:0 | トラックバック:0
スウィーニートッド
2008-04-13 Sun 22:31
スウィニートッドストーリー 白ストーリーストーリー 白
19世紀のロンドン。無実の罪で投獄された男が、出所後、名前も姿も変えてフリート街に理髪店を開く。彼は美しい大家の協力を得て、自分を陥れて妻子を奪った者への復讐を誓い、カミソリ片手に目当ての客を待っていた。




感想ライン感想ライン感想ライン感想ライン

ティムバートン監督×ジョニーデップのコンビは「シザーハンズ」も「スリーピーホロウ」も好きだったんで、
少し期待して観たのですが、あまりにミュージカル色が強すぎて(^_^;
ストーリー的にも、良くも悪くもなくとゆう…(^_^;
最後の終わり方は、納得いく形だったんでまだ良かったですが。
わりとグロいシーンもあるんで、血が苦手な人は観ない方がいいかと…。
あたしは全然平気でしたが、血が苦手な友達は観終わって気分悪かったそうです…(^_^;


別窓 | さ行 | コメント:0 | トラックバック:0
キサラギ
2008-04-13 Sun 22:23
キサラギストーリー 白ストーリーストーリー 白
マイナーなグラビアアイドルだった如月ミキ。謎の焼身自殺をして1年、掲示板を通して知り合ったファン5人、家元(小栗旬)、オダ・ユージ(ユースケ・サンタマリア)、スネーク(小出恵介)、安男(塚地武雅)、イチゴ娘(香川照之)のファン5人は一周忌追悼会を開くことになった。秘蔵コレクションの公開など思い出話で大いに盛り上がるはずだったが、オダ・ユージの「彼女は自殺じゃない。殺されたんだ」という言葉が波紋を拡げ、会の雰囲気は一変する...。

感想ライン感想ライン感想ライン感想ライン

これはおもしろい!!
正直、あまり期待せずに観たんですが、ここまで無駄がない映画も珍しい!!ってぐらい良かったです。
最初はほんと、秋葉系のオフ会ノリなんですが、だんだんサスペンス色が強くなって…!!
あまり書くとネタばれしちゃいそうなんで書けませんが><;
興味ある方ぜひ観てください!
笑えるところもあって、あっと言う間に観終わっちゃいますよー!
別窓 | か行 | コメント:0 | トラックバック:0
かもめ食堂
2008-04-10 Thu 19:14
3949187180.jpgストーリー 白ストーリーストーリー 白
フィンランドのヘルシンキに“かもめ食堂”という小さな食堂をオープンした日本人女性サチエ(小林聡美)。シンプルな“おにぎり”を看板メニューに、フィンランドの人にも日本食のおいしさを伝えたいと張り切るが、やって来たお客は日本のアニメが好きなおたく青年だけ。それでもめげずに淡々と営業を続けるサチエは、やがて訳ありな2人(片桐はいり、もたいまさこ)の日本人女性と出会うのだった。

感想ライン感想ライン感想ライン感想ライン

ず~~~っと観たいな。と思ってた作品。
友達にもオススメだと言われ気になってたんです。
観て良かった!
素朴だけど面白い。
まさにおにぎりみたいな。
でも三人の「間」が絶妙でぷぷぷ…と笑えたり。
気持ちが「ほっこり」する映画です。

店もシンプルだけどすごいお洒落。
北欧の家具や食器は元々好きだけど、これ観てもっと好きになりました。
お店にお客が増えると何故か自分も嬉しくなったり‘ω‘
海外の田舎町に住むのもいいな~と思わせてくれる映画でした。
別窓 | か行 | コメント:0 | トラックバック:0
BABEL
2008-04-10 Thu 19:03
BABEL.jpgストーリー 白ストーリーストーリー 白
モロッコを旅行中のアメリカ人夫婦のリチャード(ブラッド・ピット)とスーザン(ケイト・ブランシェット)が、突然何者かによって銃撃を受け、妻が負傷するという事件が起こる。同じころ、東京に住む聴覚に障害を持った女子高生のチエコ(菊地凛子)は、満たされない日々にいら立ちを感じながら、孤独な日々を過ごしていた…。

感想ライン感想ライン感想ライン感想ライン

菊池凛子さんがアカデミー賞助演女優賞ノミネートされて話題になった作品。
4つの物語が交差する話なんですが、あたしは退屈でした汗
菊池凛子さんも、脱ぎっぷりは確かにすごかったけど、それだけとゆうか…。
これでノミネート!?って感じ…。

別窓 | は行 | コメント:0 | トラックバック:0
大日本人
2008-04-10 Thu 18:55
大日本人







ストーリーはまっちゃんが隠し続けていたので、あたしも控えておきます。
この映画、ダウンタウン好きのあたし達夫婦は公開されて間もない頃に映画館で観たんですが、笑い声ってゆうのはほとんどなかったです。
まぁ「アハハ!!」てゆうよりは「クスッ」てゆう笑いの映画なんですが。

賛否は非常に分かれる作品だろうと思います…。
私個人は「賛」です。
こんな事を敢えて映画でやった事と隠されているメッセージ。
いいと思います。
ちなみに相方は「否」でした。
これを観るなら「ごっつええ感じ」観てたほうがおもろい。と。
それも一理あるうなづける意見。

「これ良かったよ~」とすすめるのはなかなか難しい作品。
後編作られるそうですが、さすがにそれはないんじゃないかと…。
どうせなら全く違う作品作ってほしかったです!
別窓 | た行 | コメント:0 | トラックバック:0
ヘアスプレー
2008-04-10 Thu 18:49
ヘアスプレーストーリー 白ストーリーストーリー 白

1962年、米メリーランド州ボルチモア。ダンスとオシャレに夢中な16歳の女子高生トレーシーは、ヘアスプレー企業が手掛ける人気テレビ番組“コーニー・コリンズ・ショー”に出演し、憧れのリンクと踊ることを夢見ていた。そしてある日、彼女は母エドナの反対を押し切り、番組のオーディションに参加する。しかし、その太めな体型から、番組の中心メンバーであるアンバーと彼女の母で番組も仕切っているベルマに追い払われてしまう。ところが一転、番組ホストの目に留まり、レギュラー・メンバーに抜擢されたトレーシーは一躍注目の存在に。だが、そんな彼女の成功が面白くないベルマとアンバー母娘は様々なトラブルを仕掛け、ある時ついに大事件が発生する。

感想ライン感想ライン感想ライン感想ライン

ミュージカル映画が苦手な人もわりと見やすい映画だと思います。
何より特筆すべきはジョン・トラボルタのおばさんっぷり!!
メイクなんかも、もちろんすごいけど仕草なんかもおばさんになりきっていて
さすがだな!!と思いますよ。

そして主人公の女の子もぽっちゃりの体型なのに、
ダンスにはキレがあるし、キュートでかわいかったです。

少し疲れたなぁとか、元気になれる映画観たいなって時にはオススメです!!


別窓 | は行 | コメント:0 | トラックバック:0
レミーのおいしいレストラン
2008-04-10 Thu 18:42
レミーストーリー 白ストーリーストーリー 白
すぐれた鼻と舌を持つネズミのレミーは、一流シェフになるのが夢。
ひょんなことからパリにたどり着いた彼は、今は亡き名シェフ・グストーの幽霊に出会い、彼のものだったレストランへ導かれる。
そこで料理の才能ゼロの見習いシェフ・リングイニが、店の大事なスープを台なしにしてしまうのを見たレミーは、思わず味を整えに走る。
レミーの才能を知ったリングイニは、二人でパリ一番のシェフを目指す!?

感想ライン感想ライン感想ライン感想ライン

「トイストーリー」や「ニモ」を製作したピクサーだけあって安心して見れました。少し期待しすぎてて物足りない感じもありましたが、やっぱりおもしろかったです。
現実では目を背けたくなるような場面もまさに「ディズニーマジック!!」で描かれています。
ねずみが作るコース料理食べてみたくなりますよ!
別窓 | や行 | コメント:0 | トラックバック:0
ダイハード4
2008-04-10 Thu 18:36
ダイハード4ストーリー 白ストーリーストーリー 白
デジタルによって制御されている全米の都市機能の壊滅を狙う謎のサイバーテロ組織が動き出し、システムがテロによって攻撃されようとしていた。アメリカ政府ですら機能不全に陥ってしまう緊急事態のなか、これまで幾度となく危機を救ってきた元刑事のジョン・マクレーン(ブルース・ウィリス)が、再び事件解決に乗り出す。

感想ライン感想ライン感想ライン感想ライン

あのダイハードが帰ってきました!
久しぶりにアクション映画観たけど、今回もど派手にやってくれて爽快!!
スカッとアクション観たい時にはオススメです!
別窓 | た行 | コメント:0 | トラックバック:0
手紙
2008-04-10 Thu 18:28
手紙ストーリー 白ストーリーストーリー 白
直貴(山田孝之)の兄(玉山鉄二)は、弟の学費欲しさに盗みに入った屋敷で誤って人を殺し服役中だった。大学進学もあきらめ、工場で働く直貴の夢は幼なじみの祐輔(尾上寛之)とお笑いでプロになることだったが、毎月刑務所から届く兄の手紙が彼を現実に引き戻す。
そんな彼を食堂で働く由美子(沢尻エリカ)が見ていて…。

感想ライン感想ライン感想ライン感想ライン

語られることの少ない加害者側の家族の物語です。
犯罪者の弟として差別を受け続ける直樹。
確かに人は犯罪とはなるべく遠くのところにいたい。
それ故起こってしまう差別…。
自分が加害者側に立って考えることってほとんどないので、考えさせられますね。
ラストシーンは泣けるし、少しの希望もあります。

山田孝之、玉山鉄二の演技はすごくよかったです。
ただエリカ嬢の関西弁がど~も気になって><;
これって関西人やから気になるんかな?
違う地方の人から観たら普通なんやろか?
映画とかの関西弁ってまだどうも嘘くさい。
今では関西弁もだいぶ普及されてると思うし、演技指導もうちょっとがんばってほしいもんやわぁ。

そして原作は東野圭吾さん。
最近東野さんドラマ化されたり大活躍ですね~。
月9の「ガリレオ」も、前に放送されたこれまた山田孝之主演の「白夜行」もだし。
一時期東野圭吾好きでよく読んでたんだけど、最近すっかりご無沙汰してる…。
久しぶりに読んでみようかな~^ω^
別窓 | た行 | コメント:0 | トラックバック:0
ハチミツとクローバー
2008-04-10 Thu 18:19
ハチクロストーリー 白ストーリーストーリー 白
浜美大に通う竹本(櫻井翔)は、ある日、一心不乱に絵を描く少女・はぐみ(蒼井優)に恋心を抱く。彼女は大学の教授・花本(堺雅人)の親戚で、天才少女とうわさされる転入生だった。はぐみのことが頭から離れない竹本だったが、彼と同様にはぐみを気にかける非凡な先輩・森田(伊勢谷友介)の存在が竹本の恋心をかき乱し…。

感想ライン感想ライン感想ライン感想ライン

甘酸っぱ~~い青春映画。
5人の恋物語なんだけど、観てるこっちも青春時代に帰った様な気分になれますkao03
原作は大人気のコミック漫画。
主人公のはぐは本当に漫画のイメージそのものだった!
ほんわ~かしててめっちゃかわいいの(*´艸`) 
別窓 | は行 | コメント:0 | トラックバック:0
クワイエットルームへようこそ
2008-04-10 Thu 18:11
クワイエットストーリー 白ストーリーストーリー 白
28歳のライター佐倉明日香(内田由紀)がある時目覚めると白い部屋で拘束されていた。そこは通称「クワイエットルーム」と呼ばれる精神病院の保護室。じつは明日香は恋人と別れ話になった際に、ムシャクシャして精神科から処方された薬をオーバードーズ(過剰摂取)して意識喪失。その後、この病院に強制入院させられたのである。
 こうして、「クワイエットルーム」で静養することになった明日香が、14日間の入院生活で様々な面々と出会いながら、自分を見つめなおしてゆく姿を描く。

感想ライン感想ライン感想ライン感想ライン

とこう書くと重~いイメージなんだけど、映画はすごいおもしろいです!ツボ入りました!!!
さすが松尾スズキ。
シュールな笑い満載です。
わざとらしい笑いではなく、ニヤニヤ笑いしながら観るような感じ。
松本人志がよく「哀愁のある笑い」って言うんですけど、まさにそれがピタッとはまった感じの映画。
一生懸命やればやるほどその姿が笑える。
不幸すぎて笑えちゃう。
なかなか表現するのが難しい笑いだと思うんですよね。
この映画では絶妙のバランスで描かれてました。
最後はちゃんと程良い重さのクライマックス、いい感じにポジティブなラストには脱帽です。

内田由紀ちゃんは吹っ切って体当たり演技してました!
イメージ変わりましたよ。女優として一歩前進した感じです。
蒼井優ちゃんは今回ミステリアスな感じの拒食症の役。
ほんとどんな役でもこなせますね~!!すごいです。
役作りのために体重落としたそうです。元々細いのにどうやって落としたんだ!?教えてほしい…。
大竹しのぶ、クドカン、妻夫木、りょうもいい味だしてます。
あたし的にはハリセンボンのはるか、ツボでした(笑)
別窓 | か行 | コメント:0 | トラックバック:0
| milky way | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。